ときのほとり

nonn71.exblog.jp
ブログトップ

ひともじのグルグル

張り詰めていた空気も少しずつゆるみだして
ふわっと湿り気を帯びた春の匂いが漂いはじめました。

木蓮、三椏、馬酔木、海棠、雪柳と彩豊かに春の花が咲きだしてます。
花の季節は、心も華やぎますね。

こちらではひともじが沢山出回るようになりました。
一文字グルグル(ひともじグルグル)は、熊本県の郷土料理。

葱(ワケギ)をさっと茹で氷水にくぐらせて、
根元を軸に葉の部分をぐるぐる巻きつけたものを酢味噌につけて食べるぬたに似た料理です。

熊本では葱(ワケギ)を一文字(ひともじ)と呼び、ぐるぐる巻くことからこの名前がついたと言われています。一文字のぐるぐるとも呼ばれてこの時期どこの家庭でもビールやお酒の友につくられます。
ぐるぐるの横に我が家はイカの湯引きや筍の刺身)などをそえます。
安くて、どこのスーパーでも手に入る主婦の強い味方です。
(もともとは、ヒトモジはネギの別称(ヒトモジグサ)でもあり、女房言葉としても用いられてきたそうです。

昨日もぐるぐるをビールと焼酎にそえました
f0284880_18253022.jpg

移ろいを見る目聴く耳語る口香り知る鼻触るる手いとし
[PR]
by fumi2718 | 2014-03-19 18:25