ときのほとり

nonn71.exblog.jp
ブログトップ

咲き匂ふ

かすかなる夜空を染める香も清く命のかぎり咲く桜花

さくらさくらあの世のようなひとときをわれのめぐりに見せて散りそむ

高徳の桜の幹の十字の詩勾践・范蠡若きら知らず

さくらさくらさくらの奥処(おくか)に虚空あり南北朝の南は吉野

移ろひてゆく人移ろひゆく季節さくら万朶にはららぎやまず

雪にあひし花ゆゑ保つ時ながくことしの桜つひの輝き

f0284880_1030346.jpg
[PR]
by fumi2718 | 2014-03-28 10:31