ときのほとり

nonn71.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

数え日

ふりむけば季に追われし一年の
        思いを負いて想い抱きて

                       友のいて言葉浮かび来そしてまた 
                                言葉によりて時はうつろう

去る月もまた来る月にもわたくしの
         存在証明しるしゆきたし

                       幾とせを励まされつつ詠みてきし
                                大き力を友より賜る

言葉とふ釣瓶おろしてゆっくりと
         いのちの淵の水を汲むべし
f0284880_10173531.jpg

☆中さん、ayameさんriraさん、まーこねえさん、ちんぐるまさん。
今年一年わたしの拙い未熟な短歌を読んでくださり、親しくお付き合いさせていただき
感謝、感謝の毎日でした。

まだ少しはやいのですが、
一年ごとに両親のところにでかける回数も増え、一日の時間に余裕が
なくなりました。

ことしのブログはこれで閉めさせていただきます。
みなさま、ありがとうございました

また、来年もどうぞ宜しくお願いいたします。
[PR]
by fumi2718 | 2013-12-18 10:17

冬銀河

あっと言う間に12月です。
主婦にとっては気ばかりせいて背中を押されてるようですね。

時には夜空を仰いで星を見るのもここが安らぎます。
冬の星座は、空気が澄んでひときわ輝いて見えます。


美しき公孫樹黄葉を切符にて銀河鉄道縄電車に乗る

それぞれの時代を生きて夢を見し子らとわれとの銀河鉄道

オリオンの星座またたく空仰ぎ無事に終わりし今日に感謝す

清少納言が「星はすばる」と称へたる冬の星座は澄みて輝く

こほこほと小さく咳をするたびに星が生まれるような冬の夜

一度だけ誰かの希ひに応へるとそう言ふ星が空のどこかに

流れ星一瞬にして視野の外願ひ事など閃めかぬ間に

街の灯にまぎれず冴ゆる星ひとつ吾に向けるを見て窓を閉づ

    光り合ふ言葉のありて冬の星

[PR]
by fumi2718 | 2013-12-06 12:32